地域の大会に参加する

大規模なフィットネスクラブでは、スイミングクラス受講者を対象にした大会を開いています。記録更新を目指してレッスンに励むことで、モチベーションにもつながるでしょう。タイムトライアルでは、同じレベルの参加者と競争できます。大会までのスケジュールを頭に入れてスイミングに通ううちに、健康増進、ダイエットなどの効果も感じるはずです。子供のスイミングスクールとは違って、本業の傍らで参加する人が多く、他の人の練習法も参考になります。フィットネスクラブで普段顔を合わせていても、話す機会がなかった人と交流するチャンスです。

http://www.megalos.co.jp/・・・関連情報
マスターズ水泳大会があるMEGALOSスポーツジムです。

身体作りは自分との戦いとは言え、目標があると違います。まずは大会に参加できるレベルを目指して、フィットネスクラブに行ってみましょう。インストラクターの指導のもとでウォーミングアップからスイミング、クールダウンまで行うので、安全に運動できます。しっかりストレッチしたとにスイミングをはじめると、怪我防止に役立つはずです。レッスン後には大きなお風呂やサウナで疲れをとるのも、楽しみの一つと言えます。職場と家庭の往復だけの単調な日々に変化を作るためにも、フィットネスクラブ通いを考えてみましょう。

泳ぎ方を目的から探す

スイミングクラスでは、いろいろな泳ぎ方に挑戦できます。ダイエット目的でカロリー消費を目指すなら、クロールがいいでしょう。1時間くらいクロールをすると、600~800キロカロリー消費するとも言われます。軽く一食分はカロリー消費できて、効率的にダイエットできます。限られた時間しかフィットネスクラブに行けない人でも、効果が出やすい運動です。無理なくスイミングを続けるなら、平泳ぎがいいでしょう。クロールほどの負荷はなく、無理なく継続できるはずです。90分くらいゆっくり平泳ぎするだけでも、600キロカロリーくらい消費できると言われています。他のエクササイズと比較してカロリー消費量は高く、ダイエット効果が出やすくなります。

フィットネスクラブのスイミングクラスなら、インストラクターに相談しながらレッスンメニューを決めることもできます。苦手な泳ぎ方にも挑戦して、動きのバリエーションを増やしましょう。バタフライなど難易度の高い泳ぎ方にも挑戦できて、アスリート気分でレッスンできます。泳ぎが苦手な人でも徐々にステップアップしていって、スイミングに抵抗を感じなくなってくるから安心です。水の中で身体を動かす楽しさを、存分に感じてください。

フィットネスクラブで水泳

フィットネスクラブ人気プログラムの一つとして、スイミングがあげられます。プールの中で、全身の筋肉をくまなく使う有酸素運動をします。ダイエットや健康増進効果を期待できるでしょう。初心者から上級者までいろいろなレベルの人が集まってレッスンを楽しんでいるので、誰でも無理なく参加できます。スイミングというと、子供の習い事と考える人もいるでしょう。フィットネスクラブのプログラムなら、大人もしっかり運動できます。自己流の泳ぎ方ではなく、正しい泳法を学べるところも魅力です。インストラクターの指導のもとでスイミングすれば、身体がどんどん変わっていきます。

20代や30代はもちろん、70代の高齢者まで幅広くスイミングを楽しんでいます。定期的に泳いでいると生活習慣病リスクが下がるとも言われていて、健康意識が高い人にはぴったりです。いろいろな筋肉をバランスよく鍛えることで、基本的な体力もつきます。仕事や家事をしていて体力の衰えを感じるなら、フィットネスクラブを検討するタイミングでしょう。ここでは、目的に合わせたおすすめの泳ぎ方を紹介します。スイミングレッスン参加者が検討できる、地域ごとのイベントについても知りましょう。地域の大会に参加するくらいまで上達すると、達成感があるものです。「半年で大会参加レベルを目指す」「来年はタイムトライアルで3位に入る」など、自分なりの目標設定手段として、活用するのもいいでしょう。